バンクーバー留学では、とことん英語の勉強をやってみたい人に向いている、ベクターインターナショナルアカデミーがあります。

あなたは、今までの英語のモヤモヤが吹き飛んで、スッキリします。

日本人に向けて、英会話ってどうしてこうなの?という疑問が解決します。

英語を話す為のルールの文法、発音やイントネーションです。会話表現も増やしていきます。

今までの英語勉強で、満足していなかった人が行きつく学校です。

日本語の授業で、質問も日本語でできる為、100%理解できます。

カナダに来てからササっと、英語の基礎を作れます。

日本では忙しくて、英語の勉強が出来なかった人は多いです。英語の勉強これからという人も、勉強時間を短縮できて良いです。

語学学校に行く前に通うと、理解が増して英語の伸びが早いです。

ベクターインターナショナルアカデミーで、英語の日常会話に困らなくなった生徒からの感想文です。

人生で1番濃い・本気で英語と向き合う時間を過ごせました。

中学2年の不定詞、動名詞の授業でわからなくなって挫折し、それ以降の学生時代の英語の授業は正直記憶にないくらいの英語力でした。

以前別の国でESLに通ったこともあるのですが、なんとなく授業を受けている感じで、このままでは英語は理解出来ない!と思いカナダにVectorのレッスンを受講するために来ました。

卒業生の方や口コミでVectorのことは知っていたのですが、授業が始まると本当に山のような宿題と、ものすごいスピードで進む授業についていくのが大変で、最初の週は早くこのクラスの4週間が経ってくれと心の底から願っていました。

文法インプットクラスでは、英文法の勉強だけでなくその文法をどのようなタイミング(日常会話)で使えるのか、ネイティブがよく使う言葉や表現、英語の勉強の仕方など、様々なことを学ぶことができます。中学1年から高校3年生までの英文法の復習と、日常会話で使うタイミング・例をすべて英語で説明されると理解することに集中してそれだけでレッスンが終わると思うのですが、

説明を日本語で受けることでレッスン中に「実際に使う練習」に集中できるため本当に身になっている・自分の言葉になっていると感じました。

次に発音クラス(会話アウトプット)を受けたのですが、発音の勉強を全くしてこなかったので、全てが初めての体験でした。

1つ1つの発音記号を調べて正しい音を出すという作業を永遠やり続けた1ヶ月。

また同時に「抑揚」と「発声」についてはESLですら指摘・教えてもらったことのない内容だったので初めは戸惑いました。

自分ではなかなか音の変化や成長を実感できずにいたため疑っていましたが、それでも先生の言うことを信じて練習を続けた結果、

最終日にbefore afterのビデオを見ると全く違っていることにとても驚きました。

私達の発するわずかな音の違いも先生は聞き分けて、細かく指摘してくれて1人ずつに合わせた課題をくれます。

発音だけでなくスピーチの作り方や、同じ言葉ばかり使わないように脱ワンパターン表現を学ぶことが出来ます。

Vectorで過ごしてみて、終わってみると本当に早かったなあというのが1番の感想です。

たしかに本当に大変でやる事が多くて1日24時間じゃ足りない!と毎日思うほど忙しく、そして全て自分の為になる内容でした。

入学前は単語でなんとか相手に伝えていた英語も、今では文章でしっかり伝えられるようになりました。

一番驚いたのがネイティブとの1回の会話時間が増えたことです。

いままでは途中で分からなくなったり、通じなくて言いたいことが最後まで言えないことがあったのですが、

会話が弾み言いたいことを言えるだけではなく、相手に質問ができるようになっていました。

Vectorは本当に厳しい学校です。

そんな真剣な環境の中でお互いに支えあえるクラスメイトと先生のフォローがあるからこそ、Vectorを乗り越えることができます。

クラスのみんなとは一緒に文法の宿題をやったり、スピーチの宿題を考えたり、発音をチェックしあったり、たくさんのアドバイスと濃い時間を学校のない時間にも過ごしました。

何度も諦めそうになったけど、大変なのは自分だけではないこと、Vectorの他の生徒みんなが英語力を真剣に伸ばしたいと思って来ているからこそお互いに支えあうことができます。

先生方は厳しい面(主に宿題)もありますが、出来るようになった事はしっかり褒めてくれて、本当はとても優しい先生です。

Vectorでは日本語で説明を受け、学んだことを英語で口に出す。

そして、その学んだ英語を実践で話すことのできるバンクーバー。

ネイティブの先生に英語で英語を習っても街で使わなければ意味がありません。

Vectorは人前で話す練習をするので、街中で人と話すことに対しても抵抗が少なくなり、レストランでサーバーの方と会話を楽しむなどもできます。

Vectorがバンクーバーなのに日本語で英語を学ぶスピーキングの学校として人気がある理由を実感できました。

M.H.様

 

カナダ人の前で英語を話す機会を設け、英語を話すことに躊躇がなくなります。

放課後のアクティビティは、英語を実践で使う機会です。

地元の小学校で子供たちに、英語で日本の紹介をしたりします。地元のイベントで、カナダ人に英語でコントを披露します。

何度も何度も練習して、準備をして挑みます。

Vector International Academy、ベクター インターナショナル アカデミーの、基本情報です。

略して学校を、Vector、ベクターと呼んでいます。

学校名
Vector International Academy
ベクターインターナショナルアカデミー
設立年度 2015年
カナダ移民局登録、学生ビザ取得番号 番号は無い為、学生ビザは取得できません。
住所 #501-535 Howe Street, Vancouver, BC, V6C 2Z4
年間平均学生数 55名
日本人カウンセラー 常勤
最短申込期間 4週間
スタート可能日 2019年10月28日、11月25日、12月30日
2020年1月27日、2月24日、3月30日、4月27日、
5月25日、6月29日、7月27日、8月31日、9月28日、11月2日、11月30日
姉妹校 なし
他地域にあるキャンパス なし
日本語ホームページ https://www.vectorinternational.ca/
英語ホームページ なし
日本語 Youtube youtube
英語Youtube なし
インスタグラム instagram

 

Vector International Academyの場所を、Google mapで案内します。

ビルを入って、エレベーターで5階と、4階に教室があります。

授業風景です。

せっかくのカナダなのに観光が出来ない程忙しいですが、手応えが掴めます。

大変な4週間は、ずっと一緒の先生と、クラスメートで助け合って頑張れます。

基礎英語、文法、会話、上級会話は、4週間ずつです。会話も基礎と応用と2つあったりします。

人生の中の、ほんの数カ月を、英語に本気で向き合ってみると違いますよ。

ベクターは、日本人に特化した、英会話を出来るようにする学校です。

日本人が英語を話せるようになる為の、スパルタ授業です。

ベクターへの留学について詳しく知りたい方は、お問い合わせください。


カナダ留学・バンクーバー専門、
現地留学エージェントのアイ・カナダ留学サポート

菊池百子(きくちももこ)
営業時間:平日11時ー18時
定休日:土曜、日曜、祝日
住所:829-510 W.Hastings Street, Vancouver, BC, CANADA, V6B 1L8

お問い合わせ




アイ・カナダ留学サポートでは、半年ー1年の休学留学・社会人留学、ワーキングホリデー・語学留学・専門留学のお手伝いをしています。

カナダ留学、バンクーバー留学、現地留学エージェントです。留学サポートを行っております。