カナダ留学保険について、医療保険に加入していないと、ワーホリが取れない事もある為、注意してください。

カナダは、保険に入っていないと医療費が非常に高額です。加入しましょう。

医療保険に加入していないと、学校の入学時に、半強制で加入させられます。

もし、医療保険に加入せずに、ケガや病気になったらどうでしょう?

高額な医療費を、自分で支払える場合は、まだ良いです。

払えない場合です。何もしないで、そのまま放置という訳には行きませんよね。

その場合の医療費は、カナダの税金で最悪、人道的見地から賄われます。

カナダ政府としては、できるだけこの様なことは避けたいと考えています。その為、留学生の医療保険の加入を強く薦めています。

例えば、ワーキングホリデーの応募条件です。応募条件の1つに、以下があります。

have health insurance for the duration of your stay—you may have to present evidence of this insurance when you enter Canada

 訳は、以下です。

あなたのカナダ滞在中の期間を、カバーする医療保険に加入していること。

カナダ入国時に、医療保険に加入している証拠を提示しないとなりません。

 

ワーキングホリデー経験者に聞くと、カナダ入国時に、そんな提示は求められかなった、という人が大半です。

だから医療保険に入ってこなくてもいいよ。というのは、間違いです。

また、思っている以上に、入国時に保険の提示を求められています。

ワーキングホリデーに関する、よくある質問からの抜粋です。カナダ移民局のサイトです。

ワーキングホリデーでは、どんなタイプの保険が必要ですか?

上記の抜粋部分の訳です。

ワーキングホリデーを含む、International Experience Canadaカテゴリーの人達です。カナダ全滞在期間中を、カバーする医療保険に加入していないとなりません。

医療保険は、以下をカバーするものとします。

・医療費(診察費、治療費、処方された薬代等)
・入院費
・帰国費用

カナダ移民局では、許可証が発行された後に、医療保険の加入を推奨します。具体的に、どの会社の、どのプランという紹介はしませんが、オンラインで検索して検討することができます。

医療保険に加入していない場合、カナダへの入国を拒否される場合があります。

保険の契約期間が、あなたの滞在予定より短い場合、ワーキングホリデービザの期限は、保険の契約期間と同じ期間になる場合があります。

 

ワーキングホリデービザは、通常、カナダに入国してから1年の期限です。

入国時に提示した医療保険の証明が、3カ月しかなかった場合です。

ワーキングホリデービザの期限も、3ヶ月になると説明しています。

カナダ入国後に、1年をカバーする保険に加入したとします。その証明と一緒に、ワーキングホリデ―ビザの期限を、3カ月から1年に延ばす申請はできるのでしょうか。

答えは、「できない。」です。

引き続き、カナダ移民局のサイトからの抜粋です。

医療保険の契約期間を延長した場合

抜粋部分の訳です。一部、わかりやすいように意訳しています。

カナダに滞在中に、医療保険の契約期間が切れる場合、そして、ワーキングホリデーで決められている最大1年間の期間をもらえていない場合です。

ワーキングホリデービザの延長はできません。

カナダ入国後に、医療保険の期間を延長したとしてもです。

カナダ入国前に、カナダ滞在予定の全期間をカバーする、妥当な医療保険に加入するのは、あなたの責任です。

 

実際に医療保険の契約期間が短い為、1年のワーキングホリデービザがおりなかった人がいます。

皆さんが、きちんと医療保険に加入していると、みなしています。その為、入国時の保管加入の確認は、今の所ほとんどありません。

今後、医療保険に加入していなかった為に、医療費が払えない事例が増えた場合です。入国時の確認が、きちんとなされる事も考えられます。

そして入国時に確認がないから、医療保険が必要ない訳ではありません。実際に病気やケガを負った際に医療保険は必要です。

医療保険を含めた、海外保険は、保障プランを厚めにすると安心です。

安いと必要な金額が、カバーされず何の為の保険?となってしまいます。

実際に保険が必要になった時を考えて、保障金額を考えると良いです。

クレジットカードの付帯保険は、3カ月の期間が一般的です。短期留学の場合、クレジットカードの付帯保険の利用を考える方も多いです。

その際も、クレジットカードの付帯保険の内容を、自身で、しっかり確認しましょう。そして、再度クレジットカードの付帯保険以外の検討をしましょう。

医療保険の他にも、カナダ留学の際に必要な、色々な内容の保険があります。

例えば、以下です。

保険内容について
傷害死亡 事故に遭い死亡した場合の保険金
傷害後遺障害 事故に遭い、障害が残った場合の保険金
治療・救援費用 ケガや病気がもとで、医師から受けた診療、治療、入院費等。被保険者の捜索、救助、または移送する活動に要した費用。親族が現地に駆け付けた場合の交通費、宿泊費等
傷害治療費用 ケガがもとで、医師から受けた診療、治療、入院費等
疾病死亡 病気がもとで、死亡した場合の保険金
疾病治療費用 病気がもとで、医師から受けた診療、治療、入院費等
救援者費用 被保険者の捜索、救助、または移送する活動に要した費用。親族が現地に駆け付けた場合の交通費、宿泊費等
航空機手荷物遅延 手荷物の到着が遅れたために、負担した必要不可欠な物の購入費等
航空機遅延 航空機出発の遅延によりかかる、宿泊費、交通費、通信費、食事、取消料など
生活用動産 持参した持ち物、現地での購入品が盗難に遭った場合
個人賠償責任 他人にケガをさせてしまった、うっかり他人の物を壊してしまった際の費用
携行品保険 破損、盗難等により、損害を被った携行品の修繕費または、時価額
緊急一時帰国費用 2等身以内の親族の死亡により、一時帰国した際の交通費、宿泊費等

アイ・カナダ留学サポートは、カナダにある為、日本の損害保険を販売できません。その為、日本の保険代理店をご紹介いたします。

イーコールズ株式会社という保険代理店です。

留学やワーキングホリデーで渡航される個人だけではなく、全国の大学(約50大学)とも提携をしている、海外旅行保険を専門に取り扱いする損害保険の正規代理店です。(財務局登録番号:23925016014号)

12年以上に亘って、海外旅行保険の取り扱いをしていますので、知識と経験を生かした丁寧な対応をしていますので、「保険、どうしよう。」と、お困りの場合は、是非、連絡してみて下さい。

以下をクリックすると、イーコールズ(株)の、お問合せフォームです。

アイ・カナダ留学サポートからと一言書いて頂けると、カナダ留学の保険とわかり、よりスムーズです。

イーコールズへお問い合わせ


カナダ留学・バンクーバー専門、
現地留学エージェントのアイ・カナダ留学サポート

菊池百子(きくちももこ)
営業時間:平日11時ー18時
定休日:土曜、日曜、祝日
住所:829-510 W.Hastings Street, Vancouver, BC, CANADA, V6B 1L8

お問い合わせ




アイ・カナダ留学サポートでは、半年ー1年の休学留学・社会人留学、ワーキングホリデー・語学留学・専門留学のお手伝いをしています。

カナダ留学、バンクーバー留学、現地留学エージェントです。留学サポートを行っております。