カナダ留学は、バンクーバーの銀行で、ココが日本の銀行と違いますよ、という説明です。

カナダの銀行について

カナダの以下が、5大銀行と呼ばれる大手銀行です。

Royal Bank of Canada、RBC
The Toronto-Dominion Bank、TD
The Bank of Nova Scotia、BNS
Bank of Montreal、BMO
Canadian Imperial Bank of Commerce、CIBC

5大銀行とも、健全経営を誇っており安心です。

カナダの銀行では、口座維持手数料が、かかります。

口座維持手数料が、発生します。

カレンダー月で、1日でも設定した担保金を下回る場合です。

銀行で、普通口座を開設後、担保金を入金します。

銀行やプランによって、口座維持手数料は、5ドル前後から、30ドル前後まであります。

例えば選んだプランが、2000ドルの場合です。2000ドルの残高を毎月下回らなかったら、口座維持手数料は発生しません。

銀行によって、幾つかの担保金額や、プランが用意されています。

プランの違いは以下の例が、挙げられます。

  • ATMからの引出しに、1回ずつ手数料がかかる。
  • 無料でATMから引き出せる回数が、決まっている。
  • 回数無制限で、ATMから引き出せる。

口座から、お金を引き出す際の限度額について

普通口座を銀行で開くと、キャッシュカードがもらえます。

普通口座は、checking account、チェッキングアカウントです。

現金の引き出し金額は、デビットでの支払いの限度額です。

以下の2つの限度額があります。

  • daily limit、デイリーリミット、1日の限度額
  • weekly limit、ウィークリーリミット、1週間の限度額

設定額を超えると使用できません。

現金引き出しの場合は、引き出しができません。

限度額は窓口で変更してもらえることもあります。

ATMからの引き出しや使用の際に、手数料がかかる場合があります。

日本では、同じ銀行のATMの利用は、基本的に手数料はかかりませんね。営業時間外の利用は手数料が掛かる位だと思います。

カナダでは、各銀行の、それぞれの申し込んだ口座プランにより、ATM利用条件が変わります。

例えば以下のようにです。

毎月、10回までは、ATMの使用は無料。11回目以降は1回につき50セントかかる等。

利用回数が無制限。1回につき、自動的に5ドルが定期預金に回される、プラン等。

平日、祝日、時間帯の利用は関係なく、回数で条件が違います。

デビット、Debit機能について

どの銀行のキャッシュカードにも、デビット機能がついています。

現金を持たずに、即時、引き落としで買い物ができます。

使い方は、クレジットカードと、ほぼ同じとお考えください。

クレジットカードで買い物をした場合です。クレジットカード会社で決められた決済日に引き落としがされます。

デビット機能は、使用したら即時に口座から引き落とされます。

現金を盗まれる心配が、ありません。現金が、なくても買い物が、できて便利です。

カナダでは、ほとんど現金を持ち歩きません。

クレジットカードと併せてデビット機能での購入は、かなり普及しています。コーヒー1杯の少額の購入から、洋服の購入等です。

デビットでの小額の支払いで、手数料が発生する事もあります。銀行のプランと関係なく、お店側の方針です。

5ドル以下の金額をデビットで支払うとします。その際、25セントの手数料が掛かる、という様にです。

デビット機能を使用する際に注意しておいた方が良いこと

以下の2つに注意して下さい。

  • 暗証番号は誰にも教えないようにしましょう。
  • 怪しげな、お店では使わない

skimming、スキミングされる恐れがあるからです。

デビット機能付きのキャッシュカードの持ち主が、必ず操作します。

他人には、決して預けないで下さい。

更に、あと2つ注意点です。

デビット機能の利用条件等を、忘れないようにしましょう。うっかり条件の金額を、超えていることもあります。

銀行に十分な残高が無い為、引き落とせない事もあります。

何度も試すと、使用ができなくなります。ご注意ください。

カナダ留学の銀行関連で、覚えておくと便利な英単語

checking account、チェッキングアカウント

普通口座のことです。日常的にお金の出し入れをする口座です。

saving account、セービングアカウント

定期口座のことです。長期間お金を動かさない場合、若干金利がお得な口座です。

deposit、デポジット

お金を預け入れることです。

withdrawal、ウイスドローワル

お金の引き出しです。

ATMの画面でよく見る、英語の用語

Account Activity, Balance, Updates、アカウントアクティビティ、バランス、アップデーツ

自分の銀行口座の入出金履歴、残高を確認する際に選択します。

ATM Payments & Transfers、エーティーエム・ペイメント・アンド・トランスファーズ

光熱費などの支払いをしたい場合に選択します。

ATM Change PIN、エーティーエム・チェンジ・ピン

暗証番号を変更したい場合に選択します。

Change Favourite Withdrawal、チェンジ・フェイバリット・ウイスドローワル

自分がよく引き出す金額を、あらかじめ設定しておけます。その金額等の設定を変更したい際に選択します。

Cash Withdrawal、キャッシュ・ウイスドローワル

現金を引き出したい時に選択します。

Deposit、デポジット

現金、または小切手を預け入れたい時に選択します。

カナダで、銀行口座を開設した方が良い人

カナダで働く場合、カナダで銀行口座の開設をしないとなりません。

小切手や振り込みで、お給料をもらうからです。

カナダ国外の口座に、振り込みはしない職場が大半です。

小切手を現金化する為に、カナダに自分の銀行口座が必要です。カナダに銀行口座がないと、現金化するのが非常に面倒です。

小切手の説明は長くなる為、別の記事にしました。以下をご覧ください。

小切手とは

長期滞在で、多額の金額を日本から送金してもらう場合も、口座が必要です。

口座開設の手続きは、現地到着後に行います。

バンクーバーでは、TD Bank本店で、日本人が常勤しています。

TD Bank、ティーディーバンク本店で、日本語で口座を開きたい場合は、必ず予約が必要です。

直接、銀行へ行って予約するのが一番早いです。

もしくは、604-654-3665へ、電話を、します。

英語の案内で良い場合は、すぐに対応してくれます。どこの銀行も、予約なしで大丈夫です。

口座開設の際、パスポートとビザが、必要です。

観光ビザで入国の場合、銀行口座を開設できません。

銀行によっては条件付きで開設できる銀行もあります。

途中で方針が変わり、開設できないこともあります。

開設できないと、考えておいて下さい。

学生ビザや、ワーホリでも必ず銀行口座を開く必要はありません。

国際キャッシュカードやクレジットカードで、お金の管理をする人もいます。

ワーホリでも働かない場合です。学生ビザの方で出発前に、1年分の授業料や住居費などを支払い済みの場合です。

あとのかかる費用は、おこづかい、交通費くらいです。

その場合は、銀行口座を開かなくても、大丈夫かもしれません。

最後に

銀行だから安心、ではありません。

常に、ご自身で、お金の入出金などは確認しておきましょう。

利用控えなどは、取っておきましょう。

各銀行とも、アプリもあり、便利になっています。

オンラインバンキングの設定で、すぐに確認もできます。

例えば小切手、小切手の写真を撮って入金できたりします。

毎月の利用明細も郵送を止め、オンラインでの受け取りにすると、利用明細発行手数料が掛からない銀行がほとんどです。


カナダ留学・バンクーバー専門、
現地留学エージェントのアイ・カナダ留学サポート

菊池百子(きくちももこ)
営業時間:平日11時ー18時
定休日:土曜、日曜、祝日
住所:829-510 W.Hastings Street, Vancouver, BC, CANADA, V6B 1L8

お問い合わせ




アイ・カナダ留学サポートでは、半年ー1年の休学留学・社会人留学、ワーキングホリデー・語学留学・専門留学のお手伝いをしています。

カナダ留学、バンクーバー留学、現地留学エージェントです。留学サポートを行っております。