カナダ留学は、バンクーバーでの携帯電話と、Wi-fi事情について

バンクーバー留学での携帯電話事情について

バンクーバー留学では、携帯電話は簡単に入手できます。到着してから考えれば十分です。

携帯電話の最新情報の変化は早く、現地で確かめるのが一番です。

スマホはiPhoneが、お薦めです。

日本の携帯電話会社で契約して持っている、iPhoneの場合です。

日本でシムフリーにしたものは、ほぼ確実にカナダで使用できます。

3大キャリアと呼ばれる、ソフトバンク、NTTドコモ、auなら、まず大丈夫です。

アップルストアで購入したiPhoneは、大丈夫です。

アンドロイド系の場合、使える事が多い、という言い方になります。

アンドロイド系のスマホの端末のメーカーによっては、電話機能だけ使えた、という事もあります。

シムフリー、シムロック解除

シムフリーの説明です。シムフリーのシムは、SIMカードを指します。

SIMカードは、約1cm x 1cmで、厚さも1ミリもない、小さなICカードです。

スマホに内蔵されており、携帯番号を特定するIDが登録されています。

スマホの中にSIMカードを入れて、はじめて電話番号を持ち、通信できるようになります。

携帯電話会社から販売されているスマートフォンを購入すると、そのキャリア、携帯電話会社でしか使用できないように、ロックがかかっているのが一般的です。

このロックを外すことを、SIMロック解除、シムフリーにすると言います。

SIMフリーにすることで、ロックがかかっていない為、他の日本、海外問わず携帯電話会社のSIMカードを利用できるようになります。

2015年5月から、総務省がSIMロックの解除を義務化しました。2019年現在は、購入から100日経過した機種は、シムロック解除ができるようになっています。

ただ、シムロックの解除に関して、各キャリアで細かな規定の違いがあります。100日経過していなくてもSIM解除できる場合もあります。

各携帯会社で、規程を確認するようしましょう。以下は、3大キャリアのSIMロック解除に関するサイトです。

NTTドコモ

ソフトバンク

au

SIMロック解除の際、データのバックアップを取るようにしましょう。アプリのパスワードなども事前に確認しておきましょう。

SIMロックが解除できない、間に合わないと分かった場合

お手持ちの携帯電話のSIMロック解除ができない、間に合わないことが日本に居る間、もしくはカナダに来てから判った場合です。

以下の3つが解決策として考えられます。

  • Apple Storeで、シムフリーのiPhoneを購入する。Apple Storeでは、シムフリーの端末のみを販売しています。
  • 持ってきた携帯電話の、シムフリーに出来る日数が経過するのを現地で待ち、オンラインでSIMロック解除を行う。
  • 現地で携帯電話を購入し、使用する。

現地で携帯電話を購入する場合、機種代だけで80ドルと割と安く入手が可能です。

携帯電話の月々の料金は、どれ位?

1カ月50ドル位を、携帯電話代に使用しています。

電話としての機能のみ、カナダ国内通話、テキスト、留守番電話、電話番号表示機能です。

データ通信なしの場合は、25-30ドルです。

データ通信をどれ位つけるか、どのキャリアにするかによって、35-90ドル位です。

月々で契約が可能な為、短期留学の方の場合は、レンタルとどちらがお薦めか、お得になるか具体的な期間によって変わってきます。

クレジットカード払いで、帰国ぎりぎりまで使用できます。

日本のクレジットカードで、オンラインから支払いができます。

クレジットカードはVisaか、Masterが、お薦めです。

最終の精算が、契約の最後の日から2ヶ月程かかります。引き落としの場合もあれば、返金がある場合もあります。

銀行引き落としの場合、銀行口座を閉じて帰国してしまっている為、ぎりぎりまでの使用だと、最後の精算ができません。

日本とカナダでのサービス内容の違いについて

料金プランは、プランのサービスを超えると越えた分、高くなります。

上限が決まっています。

サービス内容の項目は、以下の様なものがあります。

通話料

携帯電話での通話は、かけても受けても、双方に料金が、発生します。

市内、市外関わらずです。

サービスプランに無料通話が、含まれているのが普通です。

市内無料通話が200分や、市内通話が話し放題などです。

18時から朝の7時迄と、土日は終日話し放題プランも多いです。

テキスト

テキストメッセージも通話料と同様です。送っても受けても、料金がかかります。

どのプランも、テキスト使い放題になっていることが多いです。

番号表示サービス、留守番電話サービス

誰から電話が掛かってきたのか、番号表示サービスも有料です。留守番電話を設定するのも有料です。

サービス込みの場合や、月々幾らかで、サービスを付けられます。

データ通信サービス

月々のデータを1GBまで無料、5GBまで無料など、あります。

つけない選択もできます。

カナダの携帯電話会社、キャリアについて

カナダにも、沢山の電話会社があります。

TELUS、テラス、BELL、ベル、Rogers、ロジャースが大手です。

3社がそれぞれ携帯電話のシェアを、3割弱ずつを占めています。

TELUS、テラスのホームページ

BELL、ベルのホームページ

Rogers、ロジャースのホームページ

Fido、ファイドは、ロジャースの傘下です。上記3社に続いて、1割弱のシェアを占めています。

ロジャースは、Fidoの他に、Charter Mobile、Cityfoneがあります。

ベルは傘下に、Virgin Mobile、Lucky Mobileがあります。

テラスは傘下に、Koodo Mobile、Public Mobileがあります。

様々な購買層を取り込む為に、格安携帯電話会社を傘下で展開しています。

Freedomは、上記の大手3社に属していない独立系です。

TELUS、BELL、RogersやFidoに比べ、Freedomは価格は安めです。どの格安携帯会社も、少し電波が良くないかもしれません。

ただ、バンクーバーで生活する分には大きな支障はありません。

携帯電話会社を探す際に気を付けて欲しい、3つのこと

カナダのバンクーバー留学をする際です。携帯電話に関しては、3つの事を気を付けてください。

古い情報で、携帯電話をどうするか決めないようにしましょう。

留学経験に基づいた知り合いや、友人のアドバイスは、とても貴重です。ですが、あなたが留学する時には、もっと良いプランができているかもしれません。

例えば、Wind Mobile、Mobilicityという会社は、今はありません。Freedomという会社に変わっています。

「Wind Mobileが良いんです。」「fidoが良いと聞きました。」と言われたお客様がいらっしゃいました。理由を聞くと、留学経験者の友人が加入していたからでした。

Wind Mobileは、今はFreedomに変わっています。かなり昔は、fidoしか留学生向けに携帯電話を販売していませんでした。

今は、似たようなプランが他社にもあり、比べて検討してみてはと、お話しました。

以前の留学経験者のアドバイスが通用する部分も、もちろんあります。もっと留学生にとって便利で、お得になっていることもあります。

携帯電話に関しては、現地で情報収集した方が良いです。

バンクーバーでの留学生活スタイルに併せて、携帯電話のプランを選びましょう。

ひと昔前は、携帯電話なし、Wi-fiなしでの留学でした。それでも、大きな問題なく留学生生活を送っていました。

何をお伝えしたいかというと、バンクーバー留学では、携帯電話がないと、非常に不便や危険ということはないです。

長期留学の場合でも、携帯電話を持たない方も、珍しくありません。

ワーキングホリデーなどで働いている方の場合、遅刻、お休み、急な変更等の場合に、携帯が必要ですが、働くまでは不要かもしれません。

現地に到着後、自身の留学生活の様子を見てから判断すると良いです。

現地で、お持ちの携帯電話の動作確認が必要です。

日本からシムフリーにして持ってきた携帯電話で、カナダのキャリアと使用できるか、実際に確認しないと、どうしても100%のことは言えません。

SIMフリーにしたつもりで、していなかった、SIMフリーなのに何故か使えない等あります。

バンクーバーには、日本語で契約できる代理店もあり、安心です。

全員が日本人スタッフの、けーたい屋という携帯電話代理店は、BellとLucky Mobileを扱う正規代理店です。

契約をする前に、お持ちの携帯電話がシムフリーかどうか、使用できるか確認します。

使用できない場合は、一緒に使用できるように手伝ってくれます。

料金プラン、機種、サービス、電波等から、あなたに合ったサービスプランを提案してくれます。

プリペイドプラン、Wifiレンタルプラン等も、あります。

カナダ人から勧められたから、という理由で携帯電話会社を選ぶ人も多いです。現地の携帯電話代理店では、カナダ人向けのプランになり、留学生にとって融通が利かないこともあります。

何よりも、携帯電話で困った事がある際、日本語で助けてもらえるのは良いですね。

以下は、けーたい屋の日本語のホームページです。

けーたい屋

携帯電話は、欲しい時にすぐに入手できて、便利です。

留学スタイルに併せて、あなたにとってお得なプランが選べます。現地で判断すれば良いです。

バンクーバー留学の、Wi-fi事情について

バンクーバー留学は、無料Wi-fi環境が整っており便利です。

一般的に、無料Wi-fiの利用は浸透しています。

例えば、ホームステイや、学校は無料Wi-fiです。

バンクーバー空港も、無料Wi-fiです。

ダウンタウン地区とノースバンクーバーを結ぶ、Sea bus ターミナルの、Lonsdale Quayと、Waterfront Stationの待合室もです。

2020年度には、シーバス、バス、電車での、無料W-fiの提供を予定しています。

一部のタクシー会社、Yellow Cabも無料W-fiです。

Starbucks、Timhortons等のカフェや、ファーストフード店も無料Wi-fiです。

ダウンタウン地区について

学校の集まるダウンタウン地区では、無料Wi-fiが色々と飛んでいます。

#telusは、大手通信会社TELUSが提供しています。

#VanWiFiは、バンクーバー市が提供しています。


カナダ留学・バンクーバー専門、
現地留学エージェントのアイ・カナダ留学サポート

菊池百子(きくちももこ)
営業時間:平日11時ー18時
定休日:土曜、日曜、祝日
住所:829-510 W.Hastings Street, Vancouver, BC, CANADA, V6B 1L8

お問い合わせ




アイ・カナダ留学サポートでは、半年ー1年の休学留学・社会人留学、ワーキングホリデー・語学留学・専門留学のお手伝いをしています。

カナダ留学、バンクーバー留学、現地留学エージェントです。留学サポートを行っております。