カナダ留学は、バンクーバー留学スタイルの医療英語は、英語初級レベルからでも受講できます。

医療英語プログラムについて

医療関係者、医師、看護師、薬剤師、理学療法士、作業療法士、介護士、臨終検査技師、助産師など、又はそれぞれの医療系の分野に興味のある人を対象にしています。

特定の職種、例えば薬剤師に特化したという内容ではありません。

国際化が進む現在の日本では、医療現場でも外国人患者が増え、英語によるコミュニケーション力が求められています。

外国人の患者さんや、スタッフ同士のコミニュケーションの取り方、医療専門用語、医療現場で使える英語を学びます。

海外の学会に出席して研究を発表する、医療通訳を目指すなど多様な医療従事者へのきっかけともなることを習えます。

医療英語は、英語で、Medical English、メディカルイングリッシュです。

カナダのバンクーバー留学で、医療英語プログラムを提供している学校は、4校です。ABC順です。

  • ILSCバンクーバー
  • VIC、(Sprott Shaw Language College、SSLC)
  • Transmed
  • Vector International Academy

以下、4校の医療英語プログラムの簡単なご紹介です。

ILSCバンクーバ-の医療英語

4校の中で、一番英語力が必要な学校です。ILSC、アイエルエスシーのレベルで中級2のレベルです。

その為、多国籍で職種も様々です。

英語で医療英語を習います。4週間に1度スタート日があります。

プログラム期間は、全部で12週間です。4週間または、8週間の期間でも受講できます。

月ー木曜日は、9時-12時と、13時ー14時30分です。金曜日は、9時ー12時迄です。

3カ月で、2019年度の料金は、4990ドルです。

ILSCの医療英語コースの感想の動画です。

日本語の字幕が、あります。

 

ILSCバンクーバーの案内です。

ILSCバンクーバーについて

VIC,(Sprott Shaw Language College、SSLC)の医療英語

スプロットショーランゲージカレッジと読みます。略して、SSLC、エスエスエルシーです。

VICとSSLCは、同じグループ会社の語学学校です。

VICの医療英語プログラムを、2020年5月より、SSLCで引き継ぎます。

VICの医療英語プログラムでの案内です。英語で授業を行います。

VICの英語レベルで、レベル4以上ですが、初中級レベルでも入学が可能です。

午後の選択科目の1つとして、医療英語があります。

医療英語を選択する生徒は、ほぼ全員が日本人です。

英語で医療英語を習います。毎週月曜日に入学が可能です。

全部で12週間ですが、1週間から受講が可能です。

月ー木曜日の、午後2時20分ー午後3時30分迄です。

私は看護師を5年間経験し、その後バンクーバーへ語学力の向上と、様々な文化を学びたいと思い留学しました。

医療英語も学びたいと思っていたため、VICにMedical Englishクラスがある事を知り、VICに学校を決めました。

クラスは全部で12週間です。

数週間だけ受けることも可能で、自分の留学日数に合わせて授業を取ることもできます。

トピックは、緊急時対応、疼痛、薬剤、高齢者、疾患等様々であり、看護師の視点から授業が進むこともありました。

授業では医療用語だけを学ぶだけでなく、実際の現場での指示の仕方、医療記録の書き方(文法を含む)等も学ぶことができ、とても面白かったです。

もちろんSpeaking、Reading、Listening、Writingもあります。

医療英語クラスを担当しているカナダ人の先生はとてもフレンドリーで、いつも私たちに素敵な声掛けをしてくれました。

カナダの一般的な医療のこと、特徴など、こちらの医療事情も話してくれます。

また、授業中、授業後を問わず、いつでも私達の質問や疑問を答えてくれました。

クラスの生徒は、多国籍であり、 医師、看護師、薬剤師、学生等、年齢も様々です。

医療関係者、医療について学びたいと思っている人が多く、その人たちと友達になることができました。

このクラスはベアでスピーキングやディスカッションも行うため、Level4(中級)からの受講を推奨されており、私は入学当初初級だったため、医療英語を受講できるように一生懸命勉強しました。

クラスでは、胸骨圧迫(心臓マッサージ)のリズムは何の音楽を使って教えるのかという些細な話から、亡くなった後はそれぞれどのように対応するのか等を学び、日本で当たり前に行っていることが国によって全然違うということがとても新鮮でした。

英語を通してそれらを学ぶことができたことは、本当によい経験だったと思っています。

VICで、12週間受講された、Yoshida Karin様

自分の思っていた授業の運び方ではないのですが、良い意味で裏切られて楽しいですクラスメートとペアになります。

入院している部屋の絵があって、私が持っている絵にはあるけれどペアの人の持っている絵の中にはなくて、それが何でどこにあるのかを英語で説明して行ったり、病院の中の案内とか。

単語を覚えるのは大変なのですが楽しく勉強しています。

VICで、12週間受講された、佐藤 美緒様

Transmed、トランスメッドの医療通訳入門講座

実際に、患者さんの通訳をしている人が教えます。

提携のクリニックでのインターンシップも、あります。平均2-4名の少人数制です。

大体語学学校を、3-4ヶ月通われた方を対象にしています。日本語で授業を行う為、高い英語力は必要ありません。

授業は、3週間です。月ー木曜日の、午前10時ー午後12時の2時間です。

3週間の授業を受講後、オプションで2週間の、無給インターンシップをつけることもできます。インターンシップは、1週間で、15時間です。

定期的にスタート日があります。

授業とインターンシップの合計5週間で、約3360ドルです。

Vector International Academyの、初級医療英会話2週間コース

ベクターインターナショナルアカデミーと読みます。略して、ベクターと呼んでいます。

日本語で習う為、英語超初心者でも大丈夫です。

バンクーバー現地の医療施設を見学し、医療関係者に話を聞けます。

放課後の時間帯に授業があります。月ー木曜日の16時10分ー18時の、2週間です。

基本表現、服薬指導などにそって医療英会話を習います。

11時―12時の間に、現地医療施設訪問などがあります。

13時ー16時の基礎英語コースを併せて英語力アップを図る事もできます。

上級英会話1週間コースもありますが、どちらも不定期開催です。

2週間の初級英会話コースは、前回は、2300ドルでした。

ベクターインターナショナルアカデミーの案内です。

Vectorについて

あなたは、外国人の患者さんに、英語で対応できるようになりますよ。

医療現場で、英語でのやりとりが、怖くなくなります。

バンクーバーの医療英語コースは、様々な英語力、時間帯、期間があります。

医療関係者、海外での医療の様子もクラスメートから聞けます。医療関係で働きたい人、これから働く人も、経験者の話も聞けます。

医療現場での英語のコミニュケーションに強くなります。

プロモーションが出ている場合もあり、お得です。

医療英語学べる学校について詳しく知りたい方は、お問い合わせください。


カナダ留学・バンクーバー専門、
現地留学エージェントのアイ・カナダ留学サポート

菊池百子(きくちももこ)
営業時間:平日11時ー18時
定休日:土曜、日曜、祝日
住所:829-510 W.Hastings Street, Vancouver, BC, CANADA, V6B 1L8

お問い合わせ




アイ・カナダ留学サポートでは、半年ー1年の休学留学・社会人留学、ワーキングホリデー・語学留学・専門留学のお手伝いをしています。

カナダ留学、バンクーバー留学、現地留学エージェントです。留学サポートを行っております。