大人気の、カナダ留学は、カナダについて、です。 l カナダ留学ならバンクーバーのアイ・カナダ留学サポート

お問い合わせ・無料相談
お申し込み
アイ・カナダ留学サポート
カナダ留学ならアイ・カナダ留学サポート TOP> お知らせ> 大人気の、カナダ留学は、カナダについて、です。
2019/07/03/

大人気の、カナダ留学は、カナダについて、です。

4つのポイントが、カナダの理解の一助になります。

・aboriginal、先住民族
・Quebec、フレンチカナディアン
・immigration、移民
・federalism、連邦政府制

この4つと、カナダの歴史を知っておきましょう。より深くカナダが、わかります。

カナダの歴史

aboriginal、アボリジナル、先住民族の意味です。

aboriginal、アボリジナル、先住民族とは?

アボリジナルとは、この地に以前から住んでいる人達のことです。ヨーロッパからの探検家が最初に到着する前からです。

今、この地は、カナダと呼んでいます。カナダという国家が形成される前からです。

ずっとここに長く住んでいます。3つの、アボリジナルのグループがあります。

Inuit、ヌイット、First Nations、ファースト・ネーションズ、Metis、メティースです。

上記の説明は、以下の英文を、訳しました。

The word “Aboriginal” refers to the peoples who first lived in an area before European explorers first arrived at that place. In what we now call Canada, there are three different Aboriginal groups who lived here long before this country was formed: Inuit, First Nations and Métis.

ファースト・ネーションズ、イヌイット、メティースの違いは?

沢山の違いは、あります。共通点は、この地で伝統的な居住者である、3つのグループです。

北極下から、大西洋から太平洋にかけてです。北米に歴史的に住んでいた人々がファースト・ネーションズです。

イヌイットです。カナダの極北の島々の沿岸に歴史的に住んでいました。

メティースでし。ファースト・ネーションズと、ヨーロッパ人の間にできた子孫です。

それぞれが伝統的に暮らしている環境を基にです。それぞれの文化を持っている事を覚えておく事が重要です。

上記の説明は、以下の英文を、訳しました。

While there are many differences between First Nations, Métis and Inuit, these names refer to the three main groups of peoples who are the traditional inhabitants of this land.

First Nations are those peoples who historically lived in North America, from the Atlantic to the Pacific, below the Arctic. Inuit historically lived along the coastal edge and on the islands of Canada’s far north. The Métis descend from the historical joining of First Nations members and Europeans.

It is important to remember that First Nations, Inuit and Métis each have their own culture, based largely on the environment they traditionally inhabited.

上記の全ての説明は、以下のウェブサイトを参考にしました。

カナダ政府のウェブサイトの説明より

アボリジナルは、ファースト・ネーションズ、イヌイット、メティースの総称です。

一般的に、ファースト・ネーションズが、使われています。

ファースト・ネーションズ = アボリジニ、です。彼らは残念ながら差別を受ける対象になっています。

経済・社会・文化などに、おいてです。ファースト・ネーションズの権利、平等が求められています。

以下は、日本語で日本のカナダ大使館のホームページです。

ファースト・ネーションズの説明

Quebec、ケベック

フレンチカナディアンについて、です。

イギリス系国民が、多数を占めるカナダです。

カナダ建国以前の植民地争いの時は、です。フランスの方が、一足先を行っていました。

最終的に、イギリスが勝利を納めます。その為、フランス系国民は、少数派の立場に立たされます。

現在フランス系国民は、カナダ全人口の、4分の1を占めます。その約8割が、Quebec、ケベック州に住んでいます。

ケベック州の、フランス系国民を巡る対立です。および、その分離主義です。カナダからの独立すらを唱えています。

カナダ建国以来、くすぶっている問題です。

immigration、イミグレーション

移民について、です。

移民政策は、とても重要な役割を担っています。カナダの人口政策、経済への貢献等にです。

建国時、1867年頃です。1871年は、人口は約360万人でした。

2016年には、約3616万人です。日本の、約1/4です。移民を受け入れる事で、約10倍に人口を増やしています。

現在でも、年間、約25万人の移民受け入れを実施しています。

その時代、時代に合わせた移民政策を行っています。多様な人種を受け入れてきています。

人口の5人に1人が外国生まれである、カナダ社会です。移民政策は、議論の的になっています。

federalism、フェデラリズム

連邦政府制について、です。

カナダは、連邦制度を採っています。連邦制度は、英語で、Federalism、フェデラリズム、です。

連邦制度では、国家に相当する強い権限を、自治州が持ちます。自治州を、カナダでは、province、プロビンスと言います。

その1つ上の政府が、連邦政府として統治される国家形態です。

連邦政府は、federal、フェデラルです。カナダ政府と考えても良いです。

連邦制度は、次の特徴を持つ国が採用しています。比較的領土が広い国、歴史的に都市国家、多民族国家です。

カナダは、かなり多くの政策を州に委譲しています。その為、地方分権の進んだ連邦国家となっています。

例えば、未成年者の留学には後見人が必要です。どの州に行くかで、未成年者が何歳からか、違ってきます。

以下の週は、18歳未満の場合、後見人が必要です。

アルバータ州、マニトバ州、オンタリオ州、プリンス・エドワード・アイランド州、ケベック州、サスカチュワン州

以下の週は、19歳未満の場合、後見人が必要です。

ブリティッシュ・コロンビア州、ニュー・ブランズウィック州、ニューファンドランド アンド ラブラドール州、ノースウェスト準州、ノバ・スコティア州、ヌナブート準州、ユーコン準州

Federal、連邦政府の主な責任としては、以下が挙げられます。

・Military、軍隊
・immigration、移民
・Canada Pension Plan、CPP、年金
・Employment Insurance、EI、失業保険
・Post System、郵便
・Royal Canadina Mounted Police、RCMP、警察

Provincial、州政府の主な責任としては、以下が挙げられます。

・Health Care、健康保険
・Education、教育
・High Way、道路
・Vancouver Police Department、警察

Ottawa vs Provincesと形容することが、あります。Federal連邦と、Provincial州の関係です。

Ottawa、オタワは、オンタリオ州にある、カナダの首都です。Federalの行政機関が、集中しており、この様に言われています。

Federalは、各Provinceから税金を納めて、もらいます。

「have」vs 「have-nots」の州の、調整が大変です。

経済が比較的うるおっている「have」な州は、以下です。

アルバータ州、オンタリオ州、ブリティシュ・コロンビア州です。これらの週は、Federalに税金を持って行かれてしまいます。

Federalからの援助が必要な「have-nots」の州は、以下です。

ニューファンドランド アンド ラブラドール州等、です。できるだけ沢山の援助を、federalから得ようとします。

カナダは、Constitutional Monarchy、立憲君主制です。

英国女王の、エリザベス二世が、カナダの女王であり、君主です。

カナダは、英連邦王国に、加盟している国だからです。英連邦王国は、英語で、Commonwealth Realm、です。

英連邦王国の加盟国は、カナダの他に、約54ヶ国です。オーストラリア、ニュージーランド、インド、マレーシア等です。

女王は、代理を務める、カナダ総督に権限を委任しています。カナダ総督は英語で、Governor General of Canada、 です。

カナダ総督は、カナダの内閣の承認と助言に基づきます。そして、エリザベス2世女王が任命します。そして、任務を代行するもの、とされています。

その役割は極めて、限定的、名目的なものとなっています。任期は、慣例として5年です。

首相と内閣が、最高の権限を行使します。

カナダは、10の州と、3つの準州から成り立ちます。

英語と、フランス語の、2つが公用語です。

カナダの面積は、日本の約27倍、人口は、日本の約1/4です。

カナダの面積は、998.5万平方キロメートルです。世界第2位の、広い国土です。

カナダの人口は、約3616万人です。2016年4月の、外務省カナダ基礎データからです。

広い国土に、少ない人口です。広々と土地を利用しているだろうと、思われるかもしれません。

北部は寒すぎること、山や森林が、ほとんどである国土です。

アメリカとの国境沿いの、150km以内にです。カナダ全人口の、75%の国民が住んでいます。

バンクーバー、モントリオール、トロントも、です。それぞれ、皆、アメリカ国境の近くにあります。

カナダは、世界幸福度ランキングで、トップ10常連国です。

国連では、世界幸福度ランキングを報告しています。2019年は、カナダは9位です。2016年は、6位でした。

ランキング算出指標は以下です。約156カ国を対象にしています。

・国民1人当りの実質GDP、国民総生産
・社会保障
・健康寿命
・人生選択の自由度
・寛容度 
・汚職度
・政治的自由度

カナダは、安定して上位に、位置しています。

カナダの有名人は、沢山います。

カナダ人としても、とても有名な日系カナダ人です。

デビット鈴木

ジョイ・コガワは、日系カナダ人の小説家、詩人です。obasanなどを執筆しました。

Obasan、という小説

子供に、カナダの偉大な人は?と聞くと、この人です。

テリー・フォックス

カナダでは、Marijuana、マリファナは、合法です。

2018年10月17日より、マリファナが合法化されました。主要先進国で初めてです。

カナダでは、かなりタバコの禁煙が進んでいます。マリファナは、タバコと同様に、制限されています。

マリファナが合法化されましたが、以前と変わりません。

お申し込み・お問合わせ

学校のお申し込み、お問合わせなどをメールにて承っております。まずはぜひ、お気軽にご連絡くださいませ。

LINEの、お問合わせも承っております
◀スマートフォンでQRコードをスキャンし、友達追加を、お願いします。

LINEの、お問合わせも承っております。
▼こちらから友達追加を、お願いします。

友だち追加

サービスのご案内(無料学校案内&カナダ留学サポート)

SNS&Blogで新着情報をチェック

facebook twitter instagram
お問い合わせ・無料相談・お申し込み

バンクーバー&日本時間

Uhr fur homepage website clock
Uhr fur homepage website clock

バンクーバーのお天気