カナダ留学準備 関税について

| カナダ留学ならバンクーバーのiCanada留学サポート


カナダ留学ならiCanada TOP> お知らせ> カナダ留学準備 関税について

カナダ・バンクーバーにある無料の留学サポート会社 | カナダ留学準備 関税について

2017/07/20/

カナダ留学準備 関税について

関税の話は一概にこうとは言えない分かりづらい部分がありますが、少しでも参考になればと思います。

関税について

輸入品に課せられる税金を関税といいます。

国外で購入したものをカナダ国内に持ちこむ場合、「関税」が課せられる場合があります。

日本でも、どの国でも多少の違いはありますが関税の考え方はあります。

日本からカナダに到着時の関税について

飛行機の機内で税関申告書カードを配られます。

免税を超える物品を持っている場合は、関税がかかります。

 免税の範囲内・カナダに持ち込めないものとは

カナダに持ち込めないものを持ってきてしまった場合は没収になります。

カナダに滞在中で、カナダに戻って来る場合の関税について

カナダに一時滞在 (ワーキングホリデービザ、学生ビザ、観光ビザ、ワークビザ) している、移民の方が、カナダを留守にして海外旅行に行く、日本へ一時帰国の場合、カナダに戻ってきた際4つに分けられます。

カナダを留守にして24時間未満の場合

例えば、バンクーバーからシアトルへ日帰り旅行などをした場合です。
この場合、免税はありません。

日帰りでカナダ国外旅行へ出かけて購入したものは、カナダへ入国する際に規定に沿うと24時間未満しかカナダを留守にしていないので、全て課税対象となります。

例外として60カナダドル相当の物品が贈答用の場合、免税となります。

贈答用の免税対象になる場合は、下記の通りとなります。

・カナダをどれ位の期間留守にしていたかは、関係なく1回につき60カナダドルまで。
・タバコ、アルコール、広告用品は贈答品とみなされません。
・仮に60カナダドルを超えた場合は、プレゼントを受け取る人が課税分を支払わないとなりません。
・中身を確認することがあるので、きれいにラッピングなどはしないでおきましょう。

カナダを留守にして24時間以上の場合

200ドルまでの物品なら本人が携帯してカナダに入国する場合は免税扱いとなります。
たばことお酒はこの200ドルに含まれません。

カナダを留守にして48時間以上の場合

800ドルまでの物品なら本人が携帯してカナダに入国する場合は免税扱いとなります。
たばことお酒はこの800ドルに含むことができます。

(全てのたばこ、お酒類が対象となる訳ではありません。)

カナダを留守にして7日以上の場合

800ドルまでの物品なら本人が携帯するか、後から郵送してカナダに持ち込む場合は免税扱いとなります。

たばことお酒はこの800ドルに含むことができます。

(ただし、カナダの各州の規定によって課税される場合があります。)

国境では何をカナダ国外で購入してきたか、自己申告になります。

できるだけ正直に申告するようにしましょう。

正式な規定が記載されているページ

 Travellers Residents Returning to Canada

カナダに戻って来る際に、タバコとアルコール(お酒)もルールがあります。

タバコとアルコール(お酒)をカナダに免税扱いで持って帰って来れるのは、カナダを留守にして48時間以上の場合 に個人の免税扱いになる金額、800ドルの中に含むことができ、携帯して持ち込まないとなりません。

(タバコとアルコールは後から郵送した場合はこの枠に入りません。)

タバコ

・ 18歳以上の人がカナダ国内に持ち込むことができます。
・ 紙巻200本、葉巻または小型葉巻50本、刻みタバコ7オンス、タバコスティック200本
のいづれかの場合、持込が可能です。
・ ”CANADA DUTY PAID ・ DROIT ACQUITTE” と免税品とわかるスタンプがあること。
・ 上記の規定を超えて持ち込む場合は関税を支払わないとなりません。
・ ”CANADA DUTY PAID ・ DROIT ACQUITTE” が無い場合も関税を支払わないとなりません。

アルコール(お酒)

・ アルコール分0.5%以上含むものをアルコールと定義します。
・ ワイン1.5リットル (=53オンス、大体750mlのワインボトル2本位)、蒸留酒1.14リットル (=40オンス、大体標準の大瓶1本位)、ビール類8.5リットル (=287オンス、大体355mlのビール缶24本分位) のいづれかの場合、持込が可能です。
・ 各州によって持ち込める年齢が違います。
  18歳 → アルバータ州、マニトバ州、ケベック州
  19歳 → 上記3州以外全部
・ 上記の規定を超えて持ち込む場合は関税を支払わないとなりません。
・ ヌナブト準州とノースウエスト準州は、規定を超えての持込は許可していません。

関税は幾ら?

カナダ入国、カナダに戻って来る場合。

規定を超えた買い物をしたこと、免税額を超える物品を持っていることを申告した場合は、関税を課税されます。

申告をせずに隠していたことが判明した場合、関税&罰金の支払いが課せられます。

国境のスタッフは強い権限を持っています。支払いを拒否した場合は、物品が没収されます。

関税&罰金の支払いは、その場でとなります。

スタッフに言われた金額を支払う訳ですが、カナダの財務省や州ごとの消費税や、いろいろな輸入条約に基づいて、大体これ位支払ってください。と言われます。

Canada Border Services Agencyのウェブサイトで情報を打ち込むと見積もり金額が出てきます。

 関税はどれ位かかる?

関税の考え方はどの国にもあります。

日本へ帰国、一時帰国する場合も日本のルールで免税範囲があります。

 海外旅行者の免税範囲

むやみに人からの荷物は預からない!!

この荷物を日本の友達に渡して欲しい、カナダにいる友達に渡して欲しい、お土産といってもらったという品物は必ず中身を聞いただけでなく、自分で確かめましょう。

知らない間に、違法なものを運ばされていることもあります。

断る勇気を持ちましょう。

カナダへ荷物を送ってもらう場合

日本郵便局のホームページに詳しく記載されています。

 各国共通で送れないもの

 カナダに送れないもの

 カナダ宛て郵便物の送付について

 よくある内容品の英語訳

金額を記載する欄もありますが、安い金額を記載するようにした方が関税をかけられにくいです。

関税、もしくは罰金に関して不服な場合

その場では支払うことになりますが、不服な場合は指定の用紙に必要事項を記入し郵送します。

返金してくれる場合もあります。

 カナダボーダーサービスエージェンシーへの返金申請用紙

サービスのご案内(無料学校案内&カナダ留学サポート)

ご利用者の喜びの声


カナダのお役立ち情報を毎日お届け icanadaオフィシャルブログ

SNS&Blogで新着情報をチェック

facebook twitter mixipage
お問い合わせ・無料相談・お申し込み

Facebookページ

バンクーバー&日本時間

バンクーバーのお天気