バンクーバー現地留学情報 郵便・荷物まとめ

| カナダ留学ならバンクーバーのiCanada留学サポート


カナダ留学ならiCanada TOP> お知らせ> バンクーバー現地留学情報 郵便・荷物まとめ

カナダ・バンクーバーにある無料の留学サポート会社 | バンクーバー現地留学情報 郵便・荷物まとめ

2017/06/14/

バンクーバー現地留学情報 郵便・荷物まとめ

カナダの郵便事情
郵便局はドラッグストアなどの中にあります。

郵便局を街中で見かけないのは、お店の中に入っているからです。

 どこに郵便局があるか?

郵便ポストです。

カナダの郵便番号がもとになっているデザインです。

 郵便ポストの投函の仕方

切手について

ハガキ・封書の料金システムは同じですが、カナダ国内、アメリカ向け、その他海外向け郵送の3つのパターンで料金体系があります。

30グラムまでなら、カナダ国内は$0.85、アメリカへは$1.20、その他海外は$2.50です。

30~50グラム、50~100グラムと3段階の料金があります。

(定型サイズの封書の場合です。定型サイズは、長さ140mm~245mm、幅90mm~156mm、厚さ0.18mm~5mm、重さは2g~50g、長さと幅の割合が、1.3:1~2.6:1まで)

2017年4月27日現在の値段です。

郵便局で送りたいハガキや封書を持って行って切手を購入すると投函の手間が省けて楽です。

 カナダの切手について

宛名の書き方

日本とは逆の順番で住所を書きます。

 封筒やハガキのあて名の書き方

クリスマスカード

クリスマスカードの投函は早目に。クリスマスの時期はとても郵便局は混みます。

日本からカナダへ、カナダから日本へ送る場合は12月に入ったらもう投函しても大丈夫です。

クリスマスカードは日本の年賀状とお考え下さい。年賀状と違うのは、クリスマス前に届くようにして、届いたクリスマスカードを飾って楽しみます。

「〒」マークはカナダでは使いません。

「〒」マークはカナダでは郵便番号を表すマークとしては使用していません。

むしろ、「何このマーク?」となります。

カナダの郵便番号は、3つのアルファベットと3つの数字の組み合わせです。

住所の一番最後に書きます。

荷物
日本からカナダへ荷物を送る

日本からカナダへ荷物を送る方法は、日本郵便局からEMS、航空便、SAL便、船便の4通りがあります。

この4通りの送り方の違いは、「どれだけ早くカナダへ着くのか」「どれだけ確実にカナダへ着くのか」です。

送料は「高い」です。

EMS→航空便→SAL便→船便と、料金は安くなり、船便が一番送料は安いです。

安い分、船便は届くまでに1ヶ月~3ヵ月とかなり時間が、かかります。

EMSは2~4日、航空便は3~6日、SAL便も3~6日で”届く”と言われています。

SAL便の場合、船便よりも早く届いて、航空便よりも安く、状況によっては3~6日ではなく3週間から船便の日程ほどかかる場合もあります。

どうしても急ぎで受け取りたいというものでなければ、かなり遅くなるかもしれないということを承知しているとSAL便はかなりお得です。

SAL便のご案内ですが、他の方法で送れる場合も参考になります。

 日本からカナダへSAL便で荷物を送る

カナダから日本へ荷物を送る

カナダから日本へプレゼントなどの荷物を送る場合、カナダ郵便局から航空便、船便のいづれかの方法があります。

船便の場合、届くまでに時間がかかること(3週間~1ヶ月)そして途中で紛失した場合の保険がありません。

航空便は1週間程で届きますが、かなり高額になります。

少しの荷物ならクロネコヤマトの「つめ放題パック」サービスがかなりお得です。

 クロネコヤマトの「つめ放題パック」

再配達のシステムはありません。

時間指定、再配達というシステムはありません。

不在通知を受けとったら、不在通知に記載してある、その住所を管轄している区域の最寄りの郵便局まで取りに行きます。

不在通知に営業時間が書かれておりますので、確認するようにしましょう。それぞれの郵便局によって営業時間が違います。

荷物が重い時などはちょっと大変ですね。

不在通知が入っていたらできるだけ早めに取りに行くようにしましょう。時間が経ちすぎると送り主に戻されてしまいます。

また不在通知を受け取っていないこともあります。荷物を送る方は、ひとこと荷物を送ったことを伝えましょう。

不在通知を受け取っていないけれど、そろそろ荷物が届くはずなんだけれど、という場合は一度郵便局に聞いてみましょう。

荷物を受け取る際は、不在通知と身分証明になるもの(パスポート等)を持って受け取りに行きます。

サービスのご案内(無料学校案内&カナダ留学サポート)

ご利用者の喜びの声


カナダのお役立ち情報を毎日お届け icanadaオフィシャルブログ

SNS&Blogで新着情報をチェック

facebook twitter mixipage
お問い合わせ・無料相談・お申し込み

Facebookページ

バンクーバー&日本時間

バンクーバーのお天気