カナダ留学 銀行について

| カナダ留学ならバンクーバーのiCanada留学サポート


カナダ留学ならiCanada TOP> お知らせ> カナダ留学 銀行について

カナダ・バンクーバーにある無料の留学サポート会社 | カナダ留学 銀行について

2017/04/19/

カナダ留学 銀行について

カナダの銀行についてのご案内です。

カナダの銀行について
カナダには5大銀行と呼ばれる大手銀行があります。

Royal Bank of Canada (RBC)
The Toronto-Dominion Bank (TD)
The Bank of Nova Scotioa (BNS)
Bank of Montreal (BMO)
Canadian Imperial Bank of Commerce (CIBC)

5大銀行とも健全経営を誇っているので安心です。

口座開設の手続きは、現地到着後で十分間に合います。

口座開設の際やはり日本語で説明を聞いておきたいな、という場合。

日本人が常勤しているのはTD Bank本店です。

必ず予約が必要です。

直接行って予約をするか、604-654-3665へ電話をして下さい。

最初は英語の案内ですが、気にせず内線番号283と押すと、日本人スタッフとつながります。

電話も留守番電話のことが多いので、折り返しして欲しい電話番号を残しておきましょう。

必ず折り返し電話をくれます。

日本人のスタッフでなくても構わない場合は、どこの銀行も予約なしですぐに対応してくれます。

口座開設の際、パスポートとビザは身分証明として提示できるように持って行きましょう。

カナダの銀行では、口座維持手数料がかかります。

銀行で普通口座を開設後、担保金を入金します。

カレンダー月のうち、1日でも設定した担保金を下回ってしまうと口座維持手数料が発生します。

担保金額をいくらにするか、銀行によって何種類かプランが用意されています。

プランの違いは例としてATMからの引出しをが1回ずつ手数料がかかる、○回まで無料で引き出せる、回数無制限でATMから引き出せる等です。

銀行関連で覚えておくと便利な言葉
checking account(チェッキングアカウント)= 普通口座、日常的にお金の出し入れをする口座です。

saving account(セービングアカウント)= 定期口座、長期間お金を動かさない場合、若干金利がお得な口座です。

deposit(デポジット)= お金の預け入れ。

withdrawal(ウイスドローワル)= お金の引き出し。

ATMの画面でよく見る用語

Account Activity, Balance, Updates
自分の銀行口座の入出金履歴、残高などを確認したい場合に選択します。

ATM Payments & Transfers
光熱費などの支払いをしたい場合に選択します。

ATM Change PIN
暗証番号を変更したい場合に選択します。

Change Favourite Withdrawal
自分がよく引き出す金額をあらかじめ設定しておけるのですが、その金額等の設定を変更したい場合に選択します。

Cash Withdrawal
現金を引き出したい時に選択します。

Deposit
現金、または小切手を預け入れたい時に選択します。

デビット(Debit)機能について
口座をお持ちの銀行のキャッシュカードについている機能で、即時引き落としで買い物ができます。

銀行のキャッシュカードには当然のようにデビット機能がついてきます。

その為、クレジットカードと併せ、ほとんど現金を持ち歩きません。

現金を盗まれる心配がなく、現金がなくても買い物ができるからです。

コーヒー1杯の少額の購入から、洋服の購入までデビットでの購入はかなり普及しています。

申し込んだ口座プランによって限度額が違います。

checking account(普通口座)をいづれかの銀行で開くと、キャッシュカードがもらえます。

選んだ口座プランによって、現金引き出しと併せて、daily limit(デイリーリミット、1日の限度額)、weekly limit(ウィークリーリミット、1週間の限度額)が設定されています。

設定額を超えると使用できません。

現金引き出しの場合は、引き出しができません。

限度額は窓口で変更してもらえることもあります。

申し込んだ口座プランによって毎月の使用回数があります。

何回でも使用は可能ですが、各銀行のどのプランかによって少し条件が変わってきます。

毎月、10回まではデビット機能の使用は無料でも11回目以降は1回につき50セントかかるなど、です。

回数無制限だったり、1回デビット機能を使用すると、自動的に5ドルが定期預金に回されるというプランなどもあります。

銀行のプランと関係なく、お店側の方針で小額の支払いでデビット機能を使用する場合、手数料がかかることもあります。

例えば、5ドル以下の金額でデビット機能で支払いをする場合、25セント手数料が掛かります。というようにです。

デビット機能を使用する際に注意しておいた方がよいこと

・暗証番号は誰にも教えないようにしましょう。
・ちょっと怪しげなお店では使わない

skimming(スキミング)される恐れがあるからです。

デビット昨日で支払いをする際はキャッシュカードを通す機械は、キャッシュカードの持ち主が操作をします。

他人は決して預けません。

うっかり条件の金額を超えていた、銀行に残高がなかったという理由で使用できない場合もあります。

気づかずに何度も試すと銀行の方で使用を止める場合もありますのでご注意ください。

デビット機能の使用でトラブルにはあうことはめったにないのでそんなに神経質にならなくても大丈夫です。

銀行口座は開設した方がいいのか。
カナダで働く予定がある方の場合、銀行口座の開設をお薦めしています。

小切手でお給料をもらうことが多いからです。

小切手は、カナダに自分の銀行口座を持っていないと現金化するのが非常に面倒です。

 小切手とは

その他に長期滞在予定でまとまったお金を送金してもらいたい場合などです。

1年分の授業料や住居費などを支払い済みでカナダへご出発の場合、あとのかかる費用はおこづかい、交通費くらいです。

その場合は、クレジットカード等でカバーできるので銀行口座を開かなくても大丈夫かもしれません。

観光ビザで入国の場合、銀行口座を開設できません。

銀行によっては条件付きで開ける場合、途中で方針が変わり開けなくなっていることもあります

その他
各銀行ともアプリなどもあり便利になっています。

例えば小切手、小切手の写真を撮って入金できたりします。

銀行だから安心ではありません。

常にご自身でお金の入出金などは確認しておきましょう。

サービスのご案内(無料学校案内&カナダ留学サポート)

ご利用者の喜びの声


カナダのお役立ち情報を毎日お届け icanadaオフィシャルブログ

SNS&Blogで新着情報をチェック

facebook twitter mixipage
お問い合わせ・無料相談・お申し込み

Facebookページ

バンクーバー&日本時間

バンクーバーのお天気