カナダ留学 バンクーバーの住まいまとめ

| カナダ留学ならバンクーバーのiCanada留学サポート


カナダ留学ならiCanada TOP> お知らせ> カナダ留学 バンクーバーの住まいまとめ

カナダ・バンクーバーにある無料の留学サポート会社 | カナダ留学 バンクーバーの住まいまとめ

2017/02/22/

カナダ留学 バンクーバーの住まいまとめ

バンクーバーでの留学生の方の住まいについての説明です。

◆目次◆

バンクーバーの借地借家法

お部屋探しの際に覚えておくと便利な言葉

<入居プロセス>

 物件の探し方

 物件の種類

 物件の見学

 契約

<入居後>

バンクーバーの借地借家法
バンクーバーの居住用借家法 (Residential Tenancy Act)

借りる所を見つけた際、書面にて契約をします。

バンクーバーのある、British Columbia州には、British Columbia州政府で住宅関連を管轄しているResidential Tenancy Branch (レジデンシャル・テナンシー・ブランチ、居住借家部門) があります。

Residential Tenancy Branchは、Residential Tenancy Act (レジデンシャル・テナンシー・アクト、居住借家法) に基づいて居住賃貸の際の規則を実施しています。

Residential Tenancy Branchのwebsiteで、お部屋の賃貸に関して細かく規定が書かれています。

British Columbia州では、貸す人も借りる人もこの規定に沿うことになります。

 Residential Tenancy Branchのホームページ

 Residential Tenancy Act (レジデンシャル・テナンシー・アクト、居住借家法)

 Residential Tenancy Branchからの日本語での家主と借家人の心得

正式な契約を交わしてお部屋を借りる留学生は少ないです。

そんな場合でも、上記のBC州の居住借家法を目安としています。

ホームステイや貸し部屋のように、オーナー (=家主、貸主) と住居の一部、例えばバスルームや台所などを共同使用している場合は、Residential Tenancy Act (レジデンシャル・テナンシー・アクト、居住借家法) が適応されません。

何か問題が起きた際には当事者同士で(紹介者がいる場合は紹介者も交えて)話し合い、双方が納得する解決策を探ることになります。

どうしても納得のいかない場合は、Small Claims Courtに訴えるという手段があります。

ただ長くかかるかもしれない期間と費用、意に反する決定になるかもしれなことなどを考慮しての方法になります。

※ Small Claims Court (スモールクレームコート)
 簡易裁判所という意味です。
 小額の賠償、債務を争う際に利用することができます。
 BC州では、$25,000以下の金額を小額としています。
 手続きも簡素化され、弁護士も雇う必要はありません。

 BC州のスモールコートの案内
 

お部屋探しの際に覚えておくと便利な言葉
<金額に関して>

・Rent (レント) : 賃料、または for rentで、貸家または貸間ありの意味

・Deposit (デポジット) : 保証金
 カナダでは日本で言うところの敷金 (=保証金) はありますが、礼金はありません。

 このDepositは家賃の半額、と決まっています。

 Depositは退去時に、破損等ない場合は、返金してもらえます。

 カーペットのクリーニングなどでDepositから差し引かれるのは、間違っていることではありません。

 また、最初に支払ってから、返金してもらうまでの期間の金利分ももらえます。

 この金利も、Residential Tenancy Branchの中で計算方法が書かれています。

 (現在、低金利なので短期間の滞在の場合、ほとんど金利はつかないです。)

 もし、契約の際にDepositとして、家賃の半額より多く請求されたら理由を聞きましょう。

 そしてDepositは半額までと決まっているはずと主張しましょう。

・Utility(ユーティリティー):光熱費

 Utilities (ユーティリティーズ)、Hydro (ハイドロ) とも言います。

 ハイドロとは英語で、水力発電のこと。

 バンクーバーは水力発電が主力なので、電気代、水道代、ガス代と分かれていません。

 電気、水道 (お部屋を借りる場合は無料と考えて良いです。)、電気コンロが全て水力発電 (BC Hydro) から請求書が来るのでハイドロ=光熱費になります。

 Utilities / Internet / Washer included と書いてある場合は、家賃に光熱費、インターネット接続費、洗濯代込みという意味です。

 FREE Hydro / WiFi internet / heat and waterも同様に、光熱費、Wi-fiインターネット接続費、暖房代および水道代込みという意味になります。

<部屋等の形態に関して>

・Furnished (ファーニッシュト) : 家具付き
・Solarium (ソラリアム) : ガラス張りの日当たりの良い一角
・Den (デン) : 窓などはなく小さな部屋、ちょっとした仕事が出来るスペース、又は物を置いておくスペース
・Bachelor/Studio (バチェラー/ストゥーディオ) :ワンルームのこと

・Bed Room (ベッドルーム) : 寝室。BDR/BDと記載されていることもあります。
 1BD で1LDK (=1つの寝室、居間、台所、バスルームという間取り)

 ワンベッドルームを、1人が寝室、1人が居間、もしくは居間を2人の人が仕切って複数の人が住むことが多いです。
 
 アパートによって、ワンベッドルームには何名までしか住めないなどの規定があります。 

・Sublet (サブレット) :また貸しのこと。
 1ヶ月ほど日本へ帰国する場合などに、その間のみ代わりに住んでくれる人を探したりします。

 Sublease (サブリース) とも言います。

 契約書でサブリースを禁じている場合もあります。

・No Smoking (ノースモーキング):禁煙、NSとだけ表示されていることもあります。

・No Pets (ノーペッツ):ペット禁止、NPとだけ表示されていることもあります。

 Pet Friendly (ペットフレンドリー) はペット可という意味になります。

 そしてこんな所にも違いがあります。

 ペットは家の中で飼います。

・Condominium (コンドミニアム) :高層のマンション、Condoと表示されていることもあります。

 High rise (ハイライズ) も同じ意味で使われています。

 apartment (アパートメント) は低層階の作りのアパートを指します。またアパートと略することはありません。

 Mansion (マンション) は英語では、邸宅を意味します。

 She lives in a mansion. (彼女は豪邸に住んでいる。)

・Basement(ベースメント):地下室、実際は半地下のことも多いです。

 一軒家の間借りは半地下が多いです。

<その他>

・Vacancy (ベーカンシー):空室あり

・Available (アベーラボー):入居可能、available on Nov 1 (11月1日より入居可能) というように使われます。

・DT:ダウンタウン (Downtown) 地区のことを略して表示していることがあります。

以下は入居プロセスの説明です。

物件の探し方
賃貸を紹介してくれる不動産屋さんはいないとお考えください。

カナダでは賃貸物件を探す際は、基本的に自分で探し、契約も当事者同士で行います。

日系の不動産屋さんなどで、お部屋を紹介してくれることもありますが、お持ちのビザの種類、期限等を確認して1年以上住める方を対象にしていたりします。

もしくは、個人的に多くの貸し部屋物件を持っている、紹介を頼まれている人が仲介に入って物件を紹介していることもあります。

歩いて探す

住みたいエリアが決まっている場合、その地区へ言って、”空き部屋あり”の看板が出ているアパートや家に連絡をして見学します。

看板に連絡先も一緒に出ています。

 アパートの探し方

口コミ、または無料新聞

学校やアルバイト先などで、どうやって住むところを探したか聞いてみる。

家を探していることを伝えて情報を求めるというのは割りと有効な手段です。

また学校の掲示板などに張り出されていることもあります。

Robson Street (ロブソン通り) にある日系食料品店のコンビニ屋 に置いてある無料新聞 (フリーペーバー)、バンクーバー新報 (週1回、金曜日)などにも情報が載っています。

なんと言ってもインターネット

圧倒的にインターネットでの情報が多いので、インターネットから探される方が多いです。

物件の種類
ホームステイ

1ヶ月$750~$1,000位です。

2食付、3食付、カレンダーで数えて1ヶ月幾らとする場合、1週間単位で計算するので、4週間の場合などあります。

学校や留学エージェントなどで紹介してもらう場合は、紹介手数料$150~$250ほどかかる場合がほとんどです。

ホームステイ先が生徒さんを選びたくて自分達でホームスティ先に入ってくれる人を探す場合と、逆に、紹介手数料等を節約して、自身の希望のホームステイ先を探す人とのニーズが合って、ホームステイを紹介するサイトなどもあります。

食に関して好き嫌いが多い、アレルギー等の理由で食べられないものが多い方、今まで1人暮らしが長かったので、他人の家庭に住むのが心配、ワーキングホリデーなどで働いていて時間が不規則な方、レストラン関係で働いていて賄いがつく方は、ホームステイは止めた方がよいかもしれません。

3食つくホームステイ先の場合は、1人暮らしをする生活費とそんなに変りません。

学校に通っていて、ご飯何作ろう?と毎日考えたくない、勉強に集中したい方は逆にホームスティはお薦めです。

また、留学が初めての方などはまずホームステイをしてから、後述のルームシェアに移る方も多いです。

貸し部屋・ルームシェア

予算、大体の場所、お部屋のタイプなどのご自身の希望、優先事項を決めておいて探します。

アパートの場合、ベッドルーム(寝室)とリビングルーム(居間)のどちらかを借りるパターンが多いです。

もしくは、デンやソラリウムを借りる、寝室または居間も1人で使用せずに、他の人と共有(シェア)することもあります。

1室を1人で借りるのは予算の都合上、あまり多くの人はしません。

一戸建ての場合は、上と下で、入り口も全く別の構造が多く、ほとんど大家さんと会わないで生活することができます。

大家さんと同居、もしくは大家さんは同居せず一戸建て全体をシェアする場合もあります。

学生寮

語学学校や、専門学校が独自の学生寮を持っている学校は非常に少ないです。

アパートを1棟持っていたり、一軒家を何軒か持っています。

学校独自の学生寮ではなく、学生寮を運営しており世界各国からの留学生の滞在が可能です。

語学学校によっては、その学生寮の何部屋かを借りて自身の生徒さんに提供してもいます。

学校独自の学生寮も、学生寮として運営している会社の物件も、学校に通っていることが入居の条件となります。

そして、留学生の数に対して物件が圧倒的に少ないので、学生寮をご希望の場合は、早めのお申し込みをお薦めします。

物件の見学
現地にいる場合は、必ず物件の見学をしてから決めるようにしましょう。

部屋の募集をしている人に、電話、またはe-mailで見学の予約をします。

既に他の人が借りることが決まってしまっている場合などは、返事が来ないこともよくあります。

一人では行かない!

家主の立場からすると付き添いが何人もいるのは迷惑ですので、1人位にしましょう。

万が一を考えて、電話で話したのは女性だったのに、見学に行ってみたら男性ばかりだった。ということもないとはいえません。

(そういう時は、部屋に入らないか、ドアを開けたままにしておいてください。と言いましょう。)

常識的な時間帯での見学をするようにしましょう。

「これを聞いておいた方が良いんじゃない?」などと一緒に行ってくれた人からの意見を聞くこともできます。

確認すること

・最低期間住まないといけない期間はあるのか。
・最低期間住まないといけない期間、住めなかった場合。
・友人などを連れてきてよいのか。泊めてもよいのか。
・家賃は幾らか?何が含まれているのか。
・保証金(デポジット)は幾らか。
・デポジットはいつ、どうやって返却してもらえるのか。
・家具等、何を使用してよいのか。
・家具等、何を共有するのか。
・洗濯&乾燥機はどこにあるのか。
・選択&乾燥機は使用料がかかるのか。
・どんな人と一緒に住むのか。
・一緒に住む人との生活時間帯について。
・買い物はどこでするのか。
・掃除等はどうしているのか。
・退去する際にはいつまで伝えればよいのか。
・家賃の支払い方法・時期
・他に聞いておいた方がよいことがあるかを確認

等。

デポジット

この物件にしよう!と思ったら、デポジットを一部でも良いので支払います。

その際は必ず、紙面にて領収書をもらうこと。

デポジットを支払った日付、金額、受け取った人のフルネーム、連絡先(電話番号とE-mail)、何に対しての支払いかを書いてもらいます。

別の国でワーキングホリデーをしており、既にお部屋探しの経験がある場合などは、経験値で即決できることもあると思います。

そういった場合に備えて幾らかのお金は持って見学に行くことも一考です。

海外でのお部屋探しが初めての場合、何軒か見学に行き感じをつかむことも大切かもしれません。

カナダでは退去予定日の1ヶ月前に書面にて通知するのが一般的です。

それを怠ると、1か月分家賃の支払いを余計にしないとならなくなります。

これは大家さんが次のテナントを探すための十分な期間を確保するという意味があります。

 One month notice(退去告知について)

テイクオーバー (=Takeover、T/OとかTOと書いてある場合もあります。)

テイクオーバーとは幾らかを支払って中古の家具を引継ぎことを言います。

日本人の留学生を中心とした慣例です。

言い値の値段が引き継ぎないように見合っていない、含まれていないものも、含まれているかのように説明して誤解を生むなどのトラブルもあります。

またアパートの方針が変って、自分が出て行く際にはテイクオーバーができなくなるリスクもあります。

 テークオーバー

割とどころか、ほとんどの家やアパートの場合、玄関で靴を脱ぎます。

ただ、日本よりは土足で家に入ることに対しておおらかです。

 家の中では靴を脱いでいます。

契約
約束事、見学の際に確認したことは必ず書面にして保管しましょう。

家賃の支払い等も必ず領収書をもらうようにして保管しておきます。

<入居後>
再度探すつもりでいましょう。

・英語の勉強のつもりで、日本人以外の人と住みたかったが、文化の違いは大きく、思いも寄らなかった。

・入居前の案内と違う、それに対して話し合ってくれない。

こんな時は、気持ちを切り換えて新しい物件を探して引越しを考えましょう。

せっかくの貴重な留学の期間はあっという間です。

ベッドバグが出た場合は、即刻、です。

 ベッドバグ (bed bugs)

サービスのご案内(無料学校案内&カナダ留学サポート)

ご利用者の喜びの声


カナダのお役立ち情報を毎日お届け icanadaオフィシャルブログ

SNS&Blogで新着情報をチェック

facebook twitter mixipage
お問い合わせ・無料相談・お申し込み

Facebookページ

バンクーバー&日本時間

バンクーバーのお天気