Co-op (コープ)、インターンシップ

| カナダ留学ならバンクーバーのiCanada留学サポート


カナダ留学ならiCanada TOP>学校を探す>Co-op (コープ)、インターンシップ

Co-op (コープ)、インターンシップについて

Co-op (コープ)、インターンシップとは?

2016年9月1日より、バンクーバーのあるブリティッシュコロンビア州(=BC州)ではインターンシップについて変更がありました。

Co-op ビザ、コープで働く、とはどういうことでしょうか。

Co-opとは?

Co-opとは働けるビザのことではなく、学校のプログラムです。

学校で習ったことが実地でどのように使われているのか、そして実務能力の育成を学ぶために、学生が一定期間、企業等で仕事を体験するというプログラムです。

必ず、授業を受けてから企業等で働くことを経験することがセットになっています。

働くだけのプログラムはありません。そしてお金を得ることが目的のプログラムではありません。

Co-opプログラムのある学校

Co-opプログラムは、2014年6月よりカナダ移民局の規定により、専門学校、大学、短大等でのみ、取り扱いのできるプログラムです。

Co-opプログラムを作成するかはそれぞれの学校の方針となります。

語学学校ではCo-opプログラムはありません。(カナダ全土で共通のルールです。)

Co-opに関しての原則

カナダ移民局のルール

Co-opプログラムに申し込んだ場合、必ずワークビザを取得して、企業研修に参加しないとなりません。

ワークビザを申請するには、以下の条件を満たしている必要があります。

  • 学生ビザを取得していること
  • 働く理由は、あくまで学校のプログラムを修了する上で必要であるということ
  • 学校が認めた場所でないと働けない
  • 授業時間数と企業等で実地体験する時間数は50%ずつで、企業研修の期間は50%を超えてはいけない

BC州のルール

カナダ移民局のルールをベースに、BC州でCo-opプログラムを受講する場合、2016年9月1日より以下のルールが設けられました。

  • 授業時間数の20~50%が企業研修期間の場合、有給(Internship、インターンシップ)でないといけない。
  • 授業時間数の20%未満が企業研修期間の場合、無給(Practicum、プラクティカム)でもよい。
 

BC州では、州政府の管轄下である、PTIB (Private Training Institutions Branch)が厳格に私立の専門学校を規定・管理しています。

(PTIBは、以前はPCTIA (Private Career Training Institutions Agency)と呼ばれていました。)

お申込み規約、返金ポリシーについて、学校の1つ1つのプログラムの料金、プログラム内容の認可、Co-opプログラムの規定等、Private Training Act Policy Manualという121ページに渡るマニュアルに沿って、学校はプログラムを提供しています。

PTIBの厳格な規定をクリアした学校がBC州の私立の専門学校です。

Private Training Institutions Branch
http://www.privatetraininginstitutions.gov.bc.ca/

BC州の学校のルール

  • 働いた経験を得られなかった場合、実習に参加しなかった場合は、プログラムを履修したとはみなされず、修了証を学校からもらえない場合がある
  • 学校が了承した先で働くこと (カナダ国内ならいづれの場所でも可能)
  • Co-opを行う時期は学校によって決められている

例1

A専門学校で、12週間授業 + 12週間Co-opの合計24週間 (約6ヶ月)のCo-opプログラムを申し込み。

週24時間のコースで12週間 (約3ヶ月)、A専門学校で授業を受けます。後の12週間 (約3ヶ月)は週24時間まで企業等で有給で働く経験をします。

例2

B専門学校で、例1)と同様の約6ヶ月のCo-opプログラムを申し込み、B専門学校は週30時間コース。その場合は、働く期間は週30時間、約3ヶ月まで、有給で働く経験ができます。

例3

C専門学校でホスピタリティコース、50週間 (約1年間)Co-opプログラムを申し込み。 C専門学校でホスピタリティコース、26週間授業 + 24週間Co-opの合計50週間 (約1年間)Co-opプログラムを申し込み。C専門学校の場合は、下記のような予定でプログラムが作成されています。

12週間 授業

12週間 Co-op (企業研修)

12週間 授業

12週間 Co-op (企業研修)

2週間 授業

例4

D専門学校でホスピタリティコース、40週間授業 + 10週間実習の合計50週間 (約1年間)Co-opプログラムを申し込み。

D専門学校のプログラムではCo-opの期間は10週間という場合、実習期間は10週間、そして無給です。

企業実習の内容

  • 自分の勉強している専門分野に関連していること
  • 仕事は基本的に生徒さん主体で探します。
    (学校が実習先を探すお手伝いをしてくれる場合、学校によって有料の場合と無料の場合がありますが、いづれも数社限定の場合が多いです。自分で探す場合、どちらも併用の場合もあり)

Co-opの他の呼び方

コープ (Co-op, Coop)、インターンシップ (internship)、プラクティカム (practicum)、有償、無償インターンシップ、ボランティアワークなど、企業体験に関して幾つかの言い方があります。

学校のプログラムの一環として働く経験をする場合、学校のプログラム自体を有給・無給に関わらずCo-opプログラムと呼ぶことが一般的で、その他の場合も同じことを指しているとお考え下さい。

その他

Co-opの期間にすぐに実習先が見つかるとは限らない場合があります。企業を見つけるのに時間がかかることもあるということを覚えておきましょう。

こんな方にお薦め

  • カナダでインターンシップを経験してみたい方
  • 専門プログラムを修了するために必要な方

基本情報

受講資格

英語は中上級以上。希望する学校、コースによって入学条件は異なります。詳しくはお問い合わせ下さい。


期間

12週間~約2年間


値段

各学校やプログラム期間により様々で、約$4,500 (12週間)位~約$27,000 (2~3年弱)位


取得可能資格

・実習先からのreference (推薦状)
・各学校からの修了証 (DiplomaやCertificateなど)


プログラム内容例

・経営プログラムについてくるCo-op
・貿易プログラムについてくるCo-op
・ホスピタリティプログラムについてくるCo-op
・メイクアッププログラムについてくるCo-op
・保育士プログラムについてくるCo-op
・介護士プログラムについてくるCo-op
等、それぞれの勉強している分野に関連する職種、業種での実地研修


Co-op (コープ)、インターンシップが活かせる仕事

  • 専門プログラムに関連した分野
  • 英語環境の職場

生徒さんの体験談

  • 吉田恵理様 2

    Coop期間のインターンシップはカレッジで一年間勉強したことを活かして実践で活用しようというものでした。

    Coop期間のインターンシップはカレッジで一年間勉強したことを活かして実践で活用しようというものでした。

    私はファイナルやアカウンティングが自分に合っていると感じていたところ縁がありアカウンティング関係の仕事につくことができました。

    仕事内容はまさにArbutus Collegeで勉強したことそのものでした。

    文化の違いで悩むこともありましたが、色々な事を知れて楽しいと思う気持ちの方が大きく充実したインターンシップをおくれました。

    もちろんリアルライフは教科書のようにすべてが的を得てピッタリ合うというものではないのですが、パズルのように散らばった数字がピッタリ当てはまった時の喜びは学校で答えを見つける喜びの数倍のものでした。

    色々な国の人と実際に英語を使って仕事をするというものも喜びの一つでした。

    しばらく経験を積んだところで新人教育も任されるようになりました。

    ここでもまたArbutus Collegeで学んだリーダーシップなどが役に立ち、同僚や後輩たちとも次第に仲が深まりました。

    文化の違いで悩むこともありましたが、色々な事を知れて楽しいと思う気持ちの方が大きく充実したインターンシップをおくれました。

    (写真右) 吉田恵理様 Arbutus CollegeにてHonours Co-op Diploma in Business Management 2014年取得

プログラムを開講している学校

Arbutus College

Blanche Macdonald Centre

Canadian College

Canadian Tourism College

Greystone College

MTI Community College

Sportt Shaw College

Vancouver Community College

お申し込み&お問い合わせ
サービスのご案内(無料学校案内&カナダ留学サポート)

ご利用者の喜びの声


ブログ新着情報

SNS&Blogで新着情報をチェック

facebook twitter mixipage
お問い合わせ・無料相談・お申し込み

Facebookページ

バンクーバー&日本時間

バンクーバーのお天気