| カナダ留学ならバンクーバーのiCanada留学サポート


カナダ留学ならiCanada TOP>学校を探す
学校を探す

学校探しTips

語学学校

学校選びのポイントは?

学校が沢山ありすぎてどうやって学校を選んで良いのかわからない、とよく聞きます。
まずは以下のポイントについてご自身で考えてみて下さい。

英語を学びたい目的はなんなのか。

TOEICのスコアアップ? 専門学校進学? 英会話の上達?
まずはご自身の目標を考えてみましょう。

ご予算

幾らくらいを学校の予算にあてられるかを考えてみましょう。それによって期間も決められます。

なんとなくで良いのでこんな学校がいいなあというご自身の希望を考えてみる。

アットホーム、選択科目がたくさんある、アクティビティが楽しい、しっかり勉強、楽しみながら上達したい、etc.

この3点をもとに、学校紹介ページ、コース案内を読んで学校を選んでみて頂ければと思います。

英語全くできないんだけど大丈夫?

心配要りません。
カナダには世界中から英語を学びに大勢の留学生が来ます。
アルファベットから習うという生徒さんもいらっしゃいますし、語学学校はもちろんそのような生徒さんにも対応しています。

語学学校のプログラムで働ける?

ワーキングホリデービザの方は働くことができます。
2014年6月よりカナダ移民局のルール変更により、語学学校で学生ビザを取得してもCo-opプログラムには参加できなくなりました。(つまり働けません。)

スタート日は?

ほぼ毎週月曜日からスタートできます。
毎月1回のスタート日という学校もありますが、比較的ご自身の出発予定に合わせて学校のスタート日を決めて頂けます。

受講期間は?

1週間 (授業は月曜日から金曜日) から受講は可能です。

避けた方がよい期間は?

12月のクリスマスの時期から年末にかけての1~2週間は学校もお休みの場合が多く、学校がお休みでない場合も祝日が多いので、その間の短期留学や学校のスタートはお薦めしません。

Full time (フルタイム)とPart time (パートタイム)って何?

大体午前9時頃、授業がスタートし、お昼休みを挟んで、午後3時前後位までの全日制の時間帯をFull time (フルタイム)、午前または午後だけの授業がPart time (パートタイム) です。
学校によってフルタイムの時間帯を、Intensive (インテンシブ)、週24レッスンと時間数で呼んだりとしていますが、午前 + 午後がフルタイム、午前または午後のみをパートタイムと覚えておいてください。
英語をしっかり身につけてもらうためには毎日英語に触れることも大切です。そのため毎日、月曜日~金曜日まで学校に通ってもらうことを前提にしています。
フルタイムは、パートタイムに比べて割安になっています。

日本人は多い?

レベルによるところも大きいので、あまり日本人が多いか少ないかは気にしないほうが良いでしょう。
初中級レベルからスタートする日本人の方が多いので、学校全体の日本人の割合が少なくても、国籍制限をしている学校でも、レベル毎の国籍制限はできないので日本人がどうして固まってしまうことがあります。
ひとつ上のレベルに上がったら、ぐっと日本人の割合が減ったということもよくあります。

私立専門学校

Co-opプログラムを申し込んでいなくても働けるの?

プログラムの期間が6ヶ月以上の場合、Off-Campus Work Permit (オフキャンパスワーク パーミット) というビザで、授業がある期間でも週20時間まで働くことが可能です。

英語の入学テストは?

ほどんとの学校の場合、TOEFL、IELTS、TOEIC等の公式英語テストによるスコアの提示を求めていますが、スコアを持っていなくてもまた、学校独自の英語のテストを受けて合格すれば入学は可能です。
あくまで目安ですが、TOEICのスコアでしたら700点前後、最低でも650点位でしたら英語のテストに合格しています。

スタート日は?

私立の専門学校の場合、ほぼ1ヶ月に1度スタート日があります。
カナダに到着してから専門学校進学に興味を持たれても入学日が少なくてあきらめざる得ないということはあまりありません。
コースや学校によっては、年に4回のスタート日ということも、もちろんあります。

授業時間帯は?

語学学校と違い、各学校によって様々です。
語学学校のように月~金の午前と午後授業があったり、午前中だけ、午後だけ、もしくは受講している科目によって午前になったり午後になったり、週5日ではなく週3日のみ、短大や大学のように個人の選択している科目によって同じ学校でも月~水曜日はは3コマ、木曜日は2コマ、金曜日はお休みなどと人によって違うという場合もあります。

カナダ人と一緒に勉強したい

専門学校は1回の授業で進むペースも早く、その為の予習復習、宿題や課題の準備の時間に多くを割くことになります。余暇としての時間は限られてくるのでカナダ人との交流を目的として専門学校に通うことはあまり期待しない方が良いかもしれません。

語学&専門学校

Diploma (ディプロマ) と Certificate (サーティフィケート)の違いは?

明確にDiplomaとCertificateの使い分けやルールはないのですが、通念的に、Diplomaは大学や短大、専門学校などで約1年以上の専門コースを一定以上の成績をもって卒業した場合に得られる修了証です。

Certificateはコースを終了しました、という証明です。
12週間通って語学学校を卒業する際にもらうのは12週間の期間を終了したというCertificateです。

例えばホスピタリティ(ホテル)のプログラムで、
Supervision in the Hospitality Industry、
Hospitality Facilities Management and Design、
Managing Front Office Operations
などの各科目を終了していくことでCertificateとなり、それら全ての科目を終了すると、Diploma取得となります。

DiplomaやCertificateは履歴書の資格欄に記載可能です。
先ほどもご説明したとおり、DiplomaとCertificateを使用するにあたって明確なルールはないので、1ヵ月で取得できるDiplomaプログラムなどを提供している学校もあります。

語学学校と専門学校の違いは?

語学学校は英語の習得を目指すところです。
専門学校は英語で専門の分野を勉強していくところです。専門学校に通って結果的に英語力が伸びるということはありますが、あくまで専門の分野の知識の習得が目標です。
英語力を伸ばしたいとお考えの場合は、語学学校を選択されるのがベストです。

Collegeと名前がつく学校は短大?

学校名にCollegeという言葉が入っているからといって短大とは限りません。カナダでは、短期大学、専門学校、語学学校などの学校名にCollegeという単語が含まれることがあります。

学校の場所は?

ほぼ9割がたダウンタウンという地域に学校はあります。
1つの同じビルに語学学校が、2~4校入っているということもあります。
バスや電車を利用してどの地域からも通い易い立地です。

サービスのご案内(無料学校案内&カナダ留学サポート)

ご利用者の喜びの声


カナダのお役立ち情報を毎日お届け icanadaオフィシャルブログ

SNS&Blogで新着情報をチェック

facebook twitter mixipage
お問い合わせ・無料相談・お申し込み

Facebookページ

バンクーバー&日本時間

バンクーバーのお天気